診療案内

当院では高い安全性を追及した
滅菌システムを採用しています。

患者さんが安心して歯科医療を受けられる最も重要な条件のひとつ、それが徹底した衛生管理です。 お口に直接触れる器具はもちろん、治療で使用するものは常にウィルスレベルでの滅菌が不可欠なのです。

当院ではこの滅菌システムを採用し、洗浄・消毒に関しての国際基準(ISO15883)に基づいた、高度な洗浄・消毒を行っています。 高い安全性と信頼の歯科医療を患者さん一人ひとりにご提供いたします。

  • 滅菌手順
    交互に繰り返すことにより、器具内部や細部に至るまで高温の蒸気を行き渡らせます。
  • 滅菌手順
  • 滅菌手順
    圧力を加えながら温度を上げ、滅菌します。最高時で2.16気圧/135度で滅菌。
  • 滅菌手順
  • 滅菌手順
    乾燥に使用する空気はバクテリアフィルターを通すので、外部の雑菌を入れずに滅菌終了。

ドイツSirona社のDACユニバーサルを導入しました。

院内感染を防ぐために

治療のために口腔内で使用する器具を清潔に保つことにより、交叉感染(医療従事者から患者様、またはその反対方向へウイルスや菌類が伝染すること)を防ぐことができます。
外側だけでなく、内側も確実に洗浄・滅菌した器具を使用し、患者さん毎に交換することが必要です。

当院はドイツSirona社のDACユニバーサルを導入し、治療器具の徹底的な洗浄・滅菌を行っています。
DACユニバーサルはハンドピース(ドリルなど)の内部・外部の洗浄・注油・滅菌が可能です。高温高圧の水蒸気によって内部まで滅菌できます。
厳格な衛生環境の下、「安心」「安全」な治療を提供しています。